バーの楽しみ方指南

バーはスマートなお酒の飲み方や上品な態度が要求される事が多々あります。
また、バーはお酒に詳しい人が多いイメージもあり、お酒に詳しくない(銘柄や味の違い)人は入りづらい雰囲気があります。
更に、バーには「常連さん」がいて、これも入りづらい原因の1つです。

しかし、どんなバーでも3つの事を守ればスマートに、そして上品にふるまう事ができます。
また「常連」さんにも気を使う事なくお酒を楽しめます。

1.入店時にマスターに「こちらのお店は、初めてでも大丈夫ですか?」と尋ねる。
地域にもよりますが、現在も「会員制」としているバーが少なからず残っています。
しかし、「会員制」のバーはドアに鍵がかけてあったり、看板が無い事も多いので、道路沿いのバーや看板を大きく出しているバーは誰でも利用できます。
この質問により、マスターを始め、店内の常連さんも、「この人は会員制のバーにも行っている人」のイメージがつきます。
これで、初心者でもスマートに入店できます。

2.最初の注文時はいきなり頼まない。
最初の注文は店内の全員が注目しています。
そこで、「とりあえず、生ビール」などと注文したら、入店時の苦労が水の泡です。
では、お酒に詳しくない人はどんな注文をすればいいのでしょう?
最初の注文は必ずマスターが聞いてきます。「何を飲まれますか?」
この質問に対し、「マスターは今日はビールとシャンパンはどっちが好きですか?」と質問を返しましょう。
マスターが「ビールです」と答えたら、「では、私もビールを頂きます。マスターも一緒にどうぞ。」と言いましょう。
マスターが「シャンパンです」と答えたら、「では、私もシャンパンを頂きます。マスターも一緒にどうぞ。シャンパンは何がありますか?」と言いましょう。
これで、注文もクリアです。
2杯目以降は常連さんと同じものや、1杯目を飲んでいる最中に別のお客さんの飲んでいる物を見ながら、「私も次はそれを頂こうかな。」などと言っておけば、1杯目がなくなるころにマスターから「次は○○でいいですか?」と聞いてくれますので、お酒の名前は知らなくても大丈夫です。

3.お酒はガブガブ飲まない。
居酒屋の様に出てきたお酒を直ぐに口に運ぶのはやめましょう。
そして、1口も少なく飲みましょう。

実際にビールが出てきた場合、まずマスターに差し上げたビールが出来上がるのを待ちましょう。
マスターが頂いたビールを持って目の前にきますので、「乾杯」をします。
それから1口だけビールを飲んでコースターに戻しましょう。

マスターにお酒を差し上げると、しばらく自分の目の前から動きません。(忙しい時は別です)
そして、マスターは「どちらから来られたのですか?」「普段はどちらのバーに行かれるのですか?」と聞いてきます。
その質問に答えて会話をしながら時間をかけて1杯を飲みましょう。

名古屋のバー「un cedre」で教えてもらった知識でした。

SNSでもご購読できます。